2020年6月12日 (金)

瀧波ユカリさん『臨死!!江古田ちゃん』と三角みづ紀さんの詩集

Ekodachang

瀧波ユカリさんの『臨死!!江古田ちゃん』全8巻を読んでいました。
字が多いので読むのに意外と時間がかかってしまいましたが、なんか、懐かしい感じでした。

自分が二十歳くらいの頃は、友人のライブやら演劇やらで中央線沿線とかによく行っていたし、
飲んで帰れなくなって泊めてもらったり、劇場で寝たりとかもしばしばありました。
一緒に飲んでる女の子も、美大出てフリーターやりながら演劇やっているような人が多くて。
彼女たちから、デッサンのヌードモデルは実入りがよくて助かるという話を聞いていました。
六本木のショークラブで半裸で踊っているというお姉さんもいましたし。

「江古田ちゃん」はおそらく、私よりずいぶん後の時代ですが、
2000年代にもこういうノリがまだまだあったのですね…と、
何となく懐かしい気分になりました。
そして、8巻も読んでいると愛着が出てきて、最終回はちょっと寂しい気持ちに。
焼きそば買ってくる友人M、いいなぁ。

Img_5218
三角みづ紀さんの詩集も読んでみました。

「昼休みに
 給食をぜんぶ食べたら
 好きなこと
 していいから
 わたしは
 石を積もう」
(第一詩集『オウバアキル』所収「低空」より)

詩って、こんなに凄いものなんだと、改めて気づかされました。
この感じ、どこかである…と、記憶をたどって、いろいろな事を思い出しました。
諸星大二郎さんの「不安の立像」が張り付いてくるような感覚も。
書かれずにはいられなかった言葉たちの、力を感じました。

「三原順の世界展」の開催延期に伴いトークイベント「三原順のことばを考える」も延期となりましたが、
予定していた開催日時(2020年6月13日(土)14:00~)に、瀧波ユカリさんと三角みづ紀さんで、
三原順イラスト詩集「ハッシャ バイ」の詩を朗読するラジオトークを配信して下さることになりました。
http://moonlighting.jp/sekaiten/2020-6-radiotalk/

私も楽しみにしています!

|

2020年4月13日 (月)

札幌「三原順の世界展」開催延期


■「三原順の世界展~生涯と復活の軌跡~」※来年度に延期となりました。
日時:2020年6月3日(水)~6月14日(日)
場所:札幌市民交流プラザ1階SCARTSコート
主催:ムーンライティング、札幌市民芸術交流センターSCARTS(札幌市芸術文化財団)
http://moonlighting.jp/sekaiten/


延期後の会期につきましては、公式サイトなどからの発表をお待ちください。
なお、会場で販売予定でした製作済みのグッズにつきましては、通販を開始しております。
ムーンライティングBOOTHショップ


■「北海道コミティア12」※こちらは発表する前に中止の連絡が届きました。
http://elysian.dojin.com/h-comitia/hc12.html
日時:2020年5月31日(日)
会場:札幌コンベンションセンター
展示参加:「三原順の世界展~予告展」
サークル名:ムーンライティング


いずれも来年に持ち越して、実現する方向で考えています。


没後25年に合わせて企画してきた展示会が延期になるのは残念ですが、
来年に、よりよい展示ができるように、気持ちを切り替えていこうと思います。


ずっと買った本を読む余裕もなく忙しく過ごしてきて、
更にコロナに追い詰められて、このままでは良い展示が出来ないと
焦りだしていたところに、SCARTSの方から来年度への延期の打診が来て、
各位にご相談のうえ、早めに決断しました。
間に合わなくて諦めていたあれこれも、来年ならできると思いながら、
今は少しゆっくり過ごしています。


忙しい中、札幌展を楽しみにしているという声に、元気づけられていました。
ありがとうございます。来年こそ、実現しますね。

|

2020年3月 1日 (日)

三原順さんに花束を2020

1年ぶりのココログになってしまいましたが、今年も、春の「三原順さんに花束を」ページを設置しました。
昨年の秋、十勝で撮影した馬の写真です。
http://mihara.to/flower/2020/

※公開直後、3月1日の午前1時~2時頃、書き込めない状態でした。申し訳ございません。

この1年間も、色々なことがありました。
そして今、振り返っている暇もなく先へ…という感じで。
強烈に忙しい日々を送っています。

■札幌「三原順の世界展」
日時:2020年6月3日(水)~6月14日(日) ※6月10日(水)は休館予定
   10:00~19:00(予定)
場所:札幌市民交流プラザ1階SCARTSコート

札幌展ということもあり、三原順さんの子どもの頃の絵や作文などを初展示の予定です。
3月に東京で開催される三原順原画展とは、内容は異なります。
悲願である札幌開催に向けて、まだまだ努力を続けていきます。

|

2019年3月 1日 (金)

三原順さんに花束を2019

今年も、春の「三原順さんに花束を」ページを設置しました。
http://mihara.to/flower/2019/

2019
札幌市中央区にある中島公園の太鼓橋の写真です。
近くに「鴨々川水遊び場」があったそうです。

BOOTHショップ『Moon lighting』にて、2018年大阪原画展のオリジナルグッズと図録の通信販売を行っております
(匿名配送方式です)
展示会やっていたの知ってたら行ったのに…という方、すみません。
グッズだけでもお楽しみいただけましたら。図録は資料としても貴重です。

いろいろなことがあって、静かにクロージング・タイムを味わいたい
気持ちのリハビリもおぼつかないまま仕事も増やしてしまったり。
忙しさを言い訳にネット落ちに近い状態で、それでも浮上を試みつつ。
三原順さんの新しい原画展の話も二転三転しながら。
転がりながら進み続けて、何かに辿り着けますよう。
出来ることを少しずつ。

|

2018年12月26日 (水)

グレアムの誕生日に

グレアムファンの友人の告別式に参列してきました。

彼女とネットで話すようになったのがいつ頃だったかは、
はっきり覚えていないのですが、
20年前に立野が長髪の髪を切ったときの日記で、
髪型のことをふざけて「デデキントカット」と書いていたことに
激しく反応されたことを覚えています。
マニアックな数学タームなので、今はともかく当時はネット上に情報もなく、
むしろ通じたことにこちらが驚いていました。

特に密に連絡を取っていたわけではないのですが、
2005年に『誰のための綾織』を貸してくれたのが彼女でした。
cf. http://tateno.pos.to/mihara/m2005.html#memo45
彼女からの手紙は、静かな怒りを感じるものでした。

今日の告別式はプロテスタントの教会でした。
牧師様が、彼女が19歳で洗礼を受けるに至った経緯を、
彼女自身が話していた記録に基づきながら、お話してくださいました。
皆様の語る思い出話からも、彼女の色々な面を知ることができた、素敵な告別式でした。

自分も、彼女が何故三原順さんのファンになったのか、
もっと聞いておくべきだったのでしょうか。
ただ、彼女の生き方を見ていれば三原ファンであるのがとても自然に思えますし、
聞かれても困るのではないかと思ってしまったのです。

今年の大阪の原画展にも熱心にアドバイスをくれていました。
11月に大阪の三原順原画展の報告をしに行った時は、じっくりと話を聞かれて、
頻繁にあればいいというものではないが、定期的に開催するというのはどうかなど、
あれこれと今後のアイデアを出してくれました。
「これからですね」という言葉を投げかけてくれたのも彼女でした。

私は、あまりキャラの誕生日にはしゃいで祝うようなことはしてきていないですが、
今日は少しグレアムの誕生日を祝いたい気持ちになりました。

きっと彼女は、自分の葬式の日に、
グレアムの誕生をみんなが笑って祝っていたとしても、
責めたり怒ったりはしないでしょうから。
彼女とグレアムに花束を。
2018.12.31追記 相方が一昨年に彼女から貰っていたメールを転送してくれて。 偶然にも、私が去年読んだ本の一冊が彼女の編集だったことを知りました。 しっかりした内容の濃い本で、改めて感慨深かったです。

|

2018年11月10日 (土)

「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」無事終了

2018年10月30日~11月4日に大阪スタジオクートギャラリーで開催の
「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」は無事終了しました。

Img_0408m 05m 04m 06m

想定していた入場者数を4割ほど上回る盛況で、小さなギャラリーは静かな熱気に包まれていました。
自分の持っている懐かしいグッズをお持ちになる方、熱心に感想ノートに思いを記していく方、
原画を前に涙ぐむ方、カフェで静かにBGMに耳を傾ける方、みなさま心に残っています。
たまたま、あさぎり夕先生の訃報をネットで探していたら、偶然に三原順原画展の情報を見つけ
慌てていらっしゃった方もいらっしゃいました。
原画展でスタジオライフの上演を知り当日券で観に行った方もいらっしゃり、
また逆に、スタジオライフファンの方が見にいらして、原作も読んでみますと言っていただけたのも嬉しかったです。

Am Dm Bm Cm Es Fm_2 Gm

劇団スタジオライフの倉田淳さん、藤原さん、そして稽古の休憩時間に足を運んでくださった役者さんたちにも感謝です。
皆様にサインいただきましたチラシは大人気でした。

Dsc01558s

何度か、「立野さんて男の人だったんですか」と驚かれました。
15年位前まで、立野が東京でオフ会に行くたびにしばしば言われていていましたが、
ずいぶんと久しぶりです。それだけ、今まで届かなかった方たちに届いたのだと思います。
関西で開催したことは有意義だったのだと改めて感じました。
いらしていただきました皆様、そして来られずとも遠方で見守って下さったファンの方々に感謝です。

関西でのスタッフの方たちにも感謝です。
関西で初めての三原順原画展を、知っていれば行ったのにという方が一人でも少なくできるように、
事前にあちこちにチラシを置いてまわってくださったり、情報サイトへの掲載依頼など
積極的に進めて下さった方に感謝です。
土日の混雑を乗り切ることができたのも、
狭いスペースでの物販に日々工夫を加え改善していただけた
スタッフの皆様のおかげです。
スタジオクートギャラリーのオーナーの方は、壁の補強から設営のお手伝いまでしていだいて、
会期中も何かと楽しみながら支えてくださいました。
素敵な場所と出会えたと思っています。

02s 01s 07s 03s

好評であったオリジナルグッズの製作には、旧知の三原ファンの方たちに
デザイン等ご協力いただきました。
図録の編集では徹夜の校正と更には会社を休んでお付き合いいただいた方もいらっしゃいます。
劇団スタジオライフさんも「はみだしっ子」グッズを作っているのに、
私たちのグッズが本当に売れるのだろうか、不安のまま迎えておりましたが、
最終日には売り切れとなるグッズもでてきてしまい、嬉しい悲鳴でした。
会場で売り切れのためご購入いただけなかった皆様には申し訳ございませんでした。
通販にあたり増刷も検討しておりますので、公式の発表をいましばらくお待ちください。
http://mihara.to/database/2018osaka-genga.html

今回は私たちが作った初めての原画展でもありました。
小さなギャラリーとはいえ、額装など作品の扱い、借用と保険の手続きから原画の返却まで、
出来る限りではありましたが、きちんとすることを大事にしてきました。
それらのご指導をくださった方たちにも感謝しております。

会場の謝辞の冒頭は、三原順さんのお兄様のお名前にさせていただきました。
1999年、私たちが札幌の三原順さんのマンションにお邪魔した際に、
妹である三原さんの思い出を懐かしそうに楽しそうにお話しいただけたことを覚えています。
2000年に三原さんのマンションを引き払う際に、
私たちに託してくださいました三原順さんのご遺品の一部を、今回展示するに至りました。
お兄様も既に故人となってしまいましたが、感謝の気持ちは忘れません。
ありがとうございました。

以上、原画の返却も完了し、まだ事後処理も残っておりますが、
ひとまずは無事終了の報告でした。

開催に至るまで、様々なことがあり、寝る暇もないくらいずっと大変で、
相方には何度か「もうだめ、無理」と泣かれ挫折しかけ、
あともう少しだからと励ましながらやってきました。
東京に帰るなり仕事も忙しく、未だ疲れも回復せず、戻ってきた荷物は家の中でごった返しのまま。
ゆっくりふり返る間もなく、ご報告が遅れました。
自分もあまりの心労・疲労で、原画展が終わったらしばらくは姿をくらまして消え去りたい気持ちでいました。
けれど、原画展の会場で、「原画展を開いてくれてありがとう」「関西で開いてくれてありがとう」と
皆様からお声がけしていただいたことを、夢のように思い出しています。
そして「これからですね」と言われたことも。

Img_0437s

今回、「Sons」最終回のイラストで作ったお持ち帰り用のショッパーが好評だったことも嬉しかったです。
最初はオレンジのトートバッグで提案して、見積もりまで取ったのですが、
単価も高いしロットが厳しく「はみだしっ子」ならともかく「Sons」で売れるの?
残ったら在庫はかさばるし、布では細かい印刷が出ないかも?となり一度は断念。
それでも自分がどうしても欲しくて自腹でもいいからと改めて無料のビニール袋で提案しなおし、
過労の相方が印刷所とやりとりしながら2回データを直して入稿してくれて、やっとできたものです。
自分が欲しくて作ったものですが、綺麗に刷り上がって、皆様に喜んでいただけて、嬉しかったです。

|

2018年10月28日 (日)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報3

図録が刷り上がりました!
Img_0368b

ショーケースで、三原順さんのカセットテープ(46分16曲)を1本展示します。
2015年の復活祭で展示したものとは違うもので、会場の雰囲気に合わせ
明るめの洋楽中心のテープを選びました。(図録に明細載せております)

ギャラリー併設のカフェのBGMに、これをかけさせていただけそうです。
展示するカセットテープから収録した16曲に、三原作品に関係する24曲をセレクトし、
全40曲、約2時間で一周します。

テープから起こした音源はノイズもありますが、それも含め
三原順さんの音楽としてお楽しみください。

カフェスペースには、店内のみ閲覧可能な三原関連のファイルや本を
少しだけ置かせていただきます。
お時間ございましたら、おいしいコーヒーでもいただきながら、ゆっくりお過ごしください。

★スタジオクートカフェ
http://coote.club/?tid=4&mode=f4
コーヒー400円~
ランチタイムはカレーなどあります。

■charlotte sometimes vol.1.9配布
フリーペーパー「charlotte sometimes vol.1.9」を会場にて配布します。
こちらに、BGM全40曲のセットリスト掲載しております!

Img_0365b

|

2018年10月26日 (金)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報2

外壁展示用のパネル1点、公開です!
Halloween_2

グッズ「おくすり手帳」については刷り上がりが届きました!
Okusuri

他のグッズについて、なかなか紹介できずすみません。
初日の午前中着のものもあり、ギリギリ進行です。

■遺品展示・図録について補足
2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示となるノートがあり、
未発表作品(投稿時代作品と推定)のネーム一部が展示されます。
ショーケースの都合により、B5ノートは「もうひとつの時」が描かれたノートと、
3日ずつの入れ替え展示になりますが、
図録には双方の主要なポイントを収録してあり、貴重な資料となるでしょう。

■通販について
会期終了後に図録・グッズの通販を検討しております。

■展示の巡回について
現状未定です。

|

2018年10月18日 (木)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報

立野が入手している予定情報です。

■原画展示
カラー28点、モノクロ16点。
カラーのうち5点は、2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示です。
モノクロはほとんど初展示です。

どれも素晴らしいですが、個人的な注目は、
今回初展示となる大きいカラー原画2点と、
「つれて行って」開始直前の初回の予告カットです。
グレアムとクークーが描かれているのですが、
雑誌掲載時は文字が上にのり絵が隠れていて、
絵全体が描かれたままの姿で世に出るのは、おそらく今回が初めてです。

■遺品展示
三原さんのノート類数点、梅皿、筆、シャープペン、ペン立て、カセットテープ。
2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示となるノートもあります。

■撮影・SNS投稿等
会場内、他の来場者に配慮して遠景のみOK、接写&フラッシュ禁止。
外壁にパネル展示あり、撮影自由。
SNS投稿は自由。

■図録
20181016

A4フルカラー24ページ。予価1000円。
絵や解説の記録が欲しい方は是非。

■オリジナルグッズ
クリアファイル:3種類、予価各400円。
おくすり手帳:1種類、予価500円。
メガネ拭き:1種類、予価500円。

※支払いは現金のみ。

■開催告知ページ
http://mihara.to/database/2018osaka-genga.html

※公式がアップアップのため、主催者のチェックを受け投稿しております。

PS.
2015年の「三原順復活祭」の時を思い出す、強烈な忙しさです。
開催まで2週間を切り焦っておりますが、出来る限り情報を展開します。

|

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」開催

プレスリリースです。

---------------

『はみだしっ子』『ルーとソロモン』などのヒット作を生んだ伝説のマンガ家・三原順の関西初の原画展を、デビュー45周年及び、劇団スタジオライフ公演 舞台版「はみだしっ子~in their journey through life~」の大阪公演(11/2(金)~11/4(日)於:ABCホール)の日程にあわせ、10月30日(火)~11月4日(日)の会期で大阪・福島のスタジオクートギャラリーで開催いたします。カラー・白黒合わせて約40点の貴重な原画が初めて大阪で展示される希少な機会です。

三原順は、1995年に42歳で惜しまれつつ病没しましたが、その後も、読者が全作品の刊行を求める署名活動を行い、文庫化が実現するなど、今もその魅力が多くの人に支持、再発見されています。

2018_2

【三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」開催概要】

日程:2018年10月30日(火)~11月4日(日) 無料
時間:12:00~19:00 最終日の4日は17:00まで
会場:スタジオクートギャラリー
   〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-5-18 Tel.06-4981-9061
併設のカフェ営業時間は11:00~19:00。月曜定休。
主催(連絡先):エムデコ(担当:合田)
2018osaka-genga@moonlighting.jp
http://mihara.to/database/2018osaka-genga.html

[展示内容]
本展は「四季」をテーマに、「はみだしっ子」「ルーとソロモン」「Sons」の作品から、春・
夏・秋・冬を感じる三原順の原画約40点をセレクト。うち数点は今回初展示。
連載雑誌の付録カレンダーとその原画も展示し、三原順が描いた「四季」の魅力を再認識する。
遺品のペンやノートなど、生前の三原順さんを感じさせるコーナーや、オリジナルグッズ販売もある。

[作家プロフィール]
三原順(みはら じゅん)マンガ家。本名・鈴木順子。1952年10月7日札幌市に生まれる。
1973年、集英社『別冊マーガレット』掲載の「ぼくらのお見合い」でデビュー。
1975年から1981年まで白泉社『花とゆめ』に連載された「はみだしっ子」シリーズが代
表作。他の作品に「ルーとソロモン」「Sons」「X Day」など。
1995年3月20日、遺作となった「ビリーの森ジョディの樹」を執筆中、病気のため42歳
で死去。
2015年、明治大学 米沢嘉博記念図書館で『~没後20年展~三原順 復活祭』が開催され、
多くのファンが集った。

|

«「祈り」三部作