« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月 2日 (火)

三原順作品と出会う

神保町に行くようになってから、『だっくす』『ぱふ』の気になる特集号を古本で買ったり、
自力で様々な情報を入手するようになりました。

20170502025932m
当時古書店で買っていたものの一部
「だっくす」1978年11月号「特集 樹村みのり」
「ぱふ」1979年6月号「特集 大島弓子の世界2」
「ぱふ」1980年3月号「特集 吾妻ひでおの世界」
「ぱふ」1980年12月号「特集 萩尾望都」
いずれも清彗社。

萩尾望都さんや大島弓子さんなどは、既にあちこちの出版社から色々な形態でコミックスが出ていて、
同じ作品を何回も買わないよう、作品リストを自分のノートに書き写し、単行本リストと見比べて、
まだ読んでいないものを見つけては買いました。

20170502030539m
立野の昔のノートの作品リストより、吾妻ひでおさんと萩尾望都さん。
ピンクの丸がついたのは入手したもの。他に大島弓子さんなどある。

マンガは古本なら新刊の半額近くなるので、蔵書量もぐっと増えていきます。
すみません、当時はお金が無かったので、全集そろえるとかは無理でした…。
でも、買ったものは大事に読んでいます。

マンガが置いてある古本屋というのは神保町には限られていて、
中野書店など何軒かを定番に巡回していました。
三原作品との出会いは確か「神保町ブックセンター」という古書店です。
今はもうなく、名前もうろ覚えですが…。

20170502031035m
当時自分が買った「はみだしっ子」の花とゆめコミックス。

感動的な出会いではなく、乱読期に入っていたので、
どこかで名前を見かけた『はみだしっ子』のコミックスがあったので買ってみたことでした。
それから、どれだけ自分がその世界にはまったかは、今の三原サイトがその惨状(苦笑)。
コミックスベースでしたが、1冊1冊、読むのがとても幸せだった記憶です。
確か自分のサイトでも書いていますが、最初に読んだ時点で、
「階段の向こうには…」にはムンクを感じていましたし、
「夢をごらん」にはパスカルを感じていましたし、
「山の上に吹く風には」には太宰を感じていました。
「つれて行って」にはドストエフスキーを感じていましたね…これは確かまだどこにも書いていないですが。

その頃から、友人たちに影響を受けるのが主の文化から、
自分が入手した情報と自分の感性に振り回される(?)文化に、
徐々に戻っていく訳ですが、それはまた…。
(まだ書くのか?)

|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »