« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

みちくさ日記

昨年色々あってから、長いことマンガを読めませんでした。

時間がないというより、手には取ってみるのですが、精神的に何かマンガを楽しめず、
マンガの世界に没入できず、集中して読み続けることが出来なかったのです。
ずっと以前にもこういうことはあったのですが、久々の経験。

そんな時、ふと手にしたのが道草晴子さん『みちくさ日記』(リイド社、2015年)でした。
相方が買って読んでいて、自分も読みたいと思って借りたままになっていた一冊です。
内容的には、帯の紹介そのままですが、こんな感じです。
「“13歳の天才”として「ちばてつや賞・優秀新人賞」を受賞するも、
 ほどなく精神科病院に入院した少女の、
 15年間に渡る涙と笑い、そして再生の記録」

自分のテンションに無理のないマンガだったからでしょうか、
通勤途中にちょっとずつ読み続け、気づくと読み終わっていました。
「絶望の先に希望を描くようなストーリーを」という
ちば先生の言葉が生きている感じで、素敵な読後感でした。
それから少しずつ、他のマンガも読むようになり、
徐々に楽しんで読むことも出来るようになってきています。

去年の思い出とともに、なんとなくしみじみする本になりました。

|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年6月 »