« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月16日 (月)

普通救命講習

東京防災救急協会の普通救命講習を受講してきました。
http://www.tokyo-bousai.or.jp/lecture_kousyu/

20180716195228s

事前に申し込みをし、コンビニ等で教材費を払って、当日会場に持っていきます。
会場は防災館の体育館。エアコンの利き目も限界のようで、それなりに暑い状況。
休憩をはさみながら3時間、講習中も遠慮なく水分補給するようにと。
祝日ということもあるのでしょうか、参加者は10代から60代くらいまで幅広く、
男女比は6:4くらいだったでしょうか。若い参加者も目立ちます。

まずはテキストを読みながらの講習、そしてすぐに実技。
人形相手に心肺蘇生・人工呼吸、練習から更に2セット、結構体力を使います。
休憩後はAEDを使った実践的な講習。AEDを持ってきたけれど使い方が分からないという人に手伝ってもらいながら、
胸骨圧迫と気道確保をなるべく止めずにAEDの装着とAEDの判断に従った行動を取る訓練を受けます。
AEDは電源さえ入れれば音声ガイドに従って誰でも使用できるとは言われるものの、
いざ使うとなるとどうしてもしり込みしそうです。
人形相手の研修でも、1度でも使っておいてみて良かったと思います。

いくつかある応急手当講習会の中で一番初歩的なものではありますが、
実際に心肺蘇生・人工呼吸・AEDの実技指導を受けられますし、
1400円という受講費は安いと思いました。

最後に「救命技能認定証」を受け取って終了。
みなさん暑い中、真剣に受講されていたのが印象的でした。

|

「物語を創る・描く」

女子美術大学オープンキャンパス特別講演、萩尾望都先生漫画の世界「物語を創る・描く」を聞きに行って参りました。

以前、イルカさんとの講演があったのと同じ教室です。
 

Img_9809_2
http://www.joshibi.net/media/oc2018/lecture/

取り上げていた作品は手元のメモでは、
「ビアンカ」
「トーマの心臓」
「マージナル」
「銀の三角」
「スター・レッド」
「柳の木」
「ポーの一族」
あと、質問の際に
「11人いる」
「エッグ・スタンド」
も。

メモからいくつか。
「トーマの心臓」…今なら大人の感情が入ってしまうので、違う展開にしてしまうかも知れない。
「マージナル」…女だけが生き残った世界のSFをヒントに、男だけにした。頭の中でキャラを育てると、キャラ同士が頭の中で会話を始めてくれる。
「スター・レッド」…3日後に予告を出すと言われタイトルをまず先に、当時スター・ウォーズが流行っていたので、とりあえずスターで始めた。
「柳の木」…表紙はネタバレにならないよう、敢えてシンプルにした。

そして、「ポーの一族 ユニコーン」、月刊flowers(フラワーズ) 2018年7月号の冒頭について。
当初はミュンヘンのマリエン広場の絵から始まるものだったが、カラー3ページということで、流れを変更した、というお話と共に、元々はどういう流れだったかを、その場で2ページほどサラサラと描いて下さいました。
そして、これだと冒頭のカラーページに主人公エドガーが入らないので、変更したのだと。
扉の前にページを置くのは割と好きで、その後見開きの扉で好きな絵を描きたかったと。
見開きの扉は現在公式サイトに掲載されている絵ですが、
http://flowers.shogakukan.co.jp/rensai/poenoichizoku-unicorn.html
これは、マリエン広場のからくり時計っぽい雰囲気を意識して描いたのだそうです。素敵ですね。
今回もエドガーとアランは頭の中でたくさん会話してくれた、長い間放っておいてごめんね、と。
ただ、「続きはまた来年」「しばらくアランはトランクに入ったまま」というお話でちょっとショック(苦笑)

以上、全く書ききれないくらい色々なお話を聞くことができ、濃厚な1時間でした。
ありがとうございました。

|

2018年7月 9日 (月)

一年

父の死から一年になります。
Img_9766_2

2019年までの日記帳、2017年5月28日「今日から能登半島へ旅行」が最後。
カメラ好き最後の愛機EOS Kiss X7i、残された最後の写真は金沢駅。
歩けなくなった父に頼まれ買いに行った「週刊新潮」、創刊から愛読していた。
定期入れには相方の名刺、お守りのように。
痛み止めの薬で朦朧とした意識の中、何かを書きたいペンの跡。
かろうじて私の名前と感謝の言葉を見つける。

ふがいない息子ですみません。
今日は少し泣くことを許してください。

|

2018年7月 1日 (日)

CROSS EYED PIRETS

三原順メモノート第7集に「CROSS EYED PIRETS」という項目を追加しました。
久しぶりに読み返してみると、気づくことも有ります。

また、2018年、劇団スタジオライフが「はみだしっ子」の舞台続編を上演します。
昨年2017年の「はみだしっ子」舞台は、DVDが販売されいるようです。
http://www.studio-life.com/
その前に、吉田秋生さんの「カリフォルニア物語」の舞台化もありますね。
久しぶりに読み返してみるのにも、いい機会だなと感じます。

いろいろと、うまく行きますように。

|

« 2018年6月 | トップページ