« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月28日 (日)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報3

図録が刷り上がりました!
Img_0368b

ショーケースで、三原順さんのカセットテープ(46分16曲)を1本展示します。
2015年の復活祭で展示したものとは違うもので、会場の雰囲気に合わせ
明るめの洋楽中心のテープを選びました。(図録に明細載せております)

ギャラリー併設のカフェのBGMに、これをかけさせていただけそうです。
展示するカセットテープから収録した16曲に、三原作品に関係する24曲をセレクトし、
全40曲、約2時間で一周します。

テープから起こした音源はノイズもありますが、それも含め
三原順さんの音楽としてお楽しみください。

カフェスペースには、店内のみ閲覧可能な三原関連のファイルや本を
少しだけ置かせていただきます。
お時間ございましたら、おいしいコーヒーでもいただきながら、ゆっくりお過ごしください。

★スタジオクートカフェ
http://coote.club/?tid=4&mode=f4
コーヒー400円~
ランチタイムはカレーなどあります。

■charlotte sometimes vol.1.9配布
フリーペーパー「charlotte sometimes vol.1.9」を会場にて配布します。
こちらに、BGM全40曲のセットリスト掲載しております!

Img_0365b

|

2018年10月26日 (金)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報2

外壁展示用のパネル1点、公開です!
Halloween_2

グッズ「おくすり手帳」については刷り上がりが届きました!
Okusuri

他のグッズについて、なかなか紹介できずすみません。
初日の午前中着のものもあり、ギリギリ進行です。

■遺品展示・図録について補足
2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示となるノートがあり、
未発表作品(投稿時代作品と推定)のネーム一部が展示されます。
ショーケースの都合により、B5ノートは「もうひとつの時」が描かれたノートと、
3日ずつの入れ替え展示になりますが、
図録には双方の主要なポイントを収録してあり、貴重な資料となるでしょう。

■通販について
会期終了後に図録・グッズの通販を検討しております。

■展示の巡回について
現状未定です。

|

2018年10月18日 (木)

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」追加情報

立野が入手している予定情報です。

■原画展示
カラー28点、モノクロ16点。
カラーのうち5点は、2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示です。
モノクロはほとんど初展示です。

どれも素晴らしいですが、個人的な注目は、
今回初展示となる大きいカラー原画2点と、
「つれて行って」開始直前の初回の予告カットです。
グレアムとクークーが描かれているのですが、
雑誌掲載時は文字が上にのり絵が隠れていて、
絵全体が描かれたままの姿で世に出るのは、おそらく今回が初めてです。

■遺品展示
三原さんのノート類数点、梅皿、筆、シャープペン、ペン立て、カセットテープ。
2015年「三原順復活祭」で展示されておらず、今回初展示となるノートもあります。

■撮影・SNS投稿等
会場内、他の来場者に配慮して遠景のみOK、接写&フラッシュ禁止。
外壁にパネル展示あり、撮影自由。
SNS投稿は自由。

■図録
20181016

A4フルカラー24ページ。予価1000円。
絵や解説の記録が欲しい方は是非。

■オリジナルグッズ
クリアファイル:3種類、予価各400円。
おくすり手帳:1種類、予価500円。
メガネ拭き:1種類、予価500円。

※支払いは現金のみ。

■開催告知ページ
http://mihara.to/database/2018osaka-genga.html

※公式がアップアップのため、主催者のチェックを受け投稿しております。

PS.
2015年の「三原順復活祭」の時を思い出す、強烈な忙しさです。
開催まで2週間を切り焦っておりますが、出来る限り情報を展開します。

|

大阪「三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」開催

プレスリリースです。

---------------

『はみだしっ子』『ルーとソロモン』などのヒット作を生んだ伝説のマンガ家・三原順の関西初の原画展を、デビュー45周年及び、劇団スタジオライフ公演 舞台版「はみだしっ子~in their journey through life~」の大阪公演(11/2(金)~11/4(日)於:ABCホール)の日程にあわせ、10月30日(火)~11月4日(日)の会期で大阪・福島のスタジオクートギャラリーで開催いたします。カラー・白黒合わせて約40点の貴重な原画が初めて大阪で展示される希少な機会です。

三原順は、1995年に42歳で惜しまれつつ病没しましたが、その後も、読者が全作品の刊行を求める署名活動を行い、文庫化が実現するなど、今もその魅力が多くの人に支持、再発見されています。

2018_2

【三原順 原画展 Four Seasons ~三原順の四季~」開催概要】

日程:2018年10月30日(火)~11月4日(日) 無料
時間:12:00~19:00 最終日の4日は17:00まで
会場:スタジオクートギャラリー
   〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-5-18 Tel.06-4981-9061
併設のカフェ営業時間は11:00~19:00。月曜定休。
主催(連絡先):エムデコ(担当:合田)
2018osaka-genga@moonlighting.jp
http://mihara.to/database/2018osaka-genga.html

[展示内容]
本展は「四季」をテーマに、「はみだしっ子」「ルーとソロモン」「Sons」の作品から、春・
夏・秋・冬を感じる三原順の原画約40点をセレクト。うち数点は今回初展示。
連載雑誌の付録カレンダーとその原画も展示し、三原順が描いた「四季」の魅力を再認識する。
遺品のペンやノートなど、生前の三原順さんを感じさせるコーナーや、オリジナルグッズ販売もある。

[作家プロフィール]
三原順(みはら じゅん)マンガ家。本名・鈴木順子。1952年10月7日札幌市に生まれる。
1973年、集英社『別冊マーガレット』掲載の「ぼくらのお見合い」でデビュー。
1975年から1981年まで白泉社『花とゆめ』に連載された「はみだしっ子」シリーズが代
表作。他の作品に「ルーとソロモン」「Sons」「X Day」など。
1995年3月20日、遺作となった「ビリーの森ジョディの樹」を執筆中、病気のため42歳
で死去。
2015年、明治大学 米沢嘉博記念図書館で『~没後20年展~三原順 復活祭』が開催され、
多くのファンが集った。

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »